カート  |  お問い合わせ  | 
フリーダイヤル 0120-971-357
海外からのお問合せ+81-3-5244-4675

製造ラインで使用するワイヤレスデータロガー

ワイヤレスデータロガー 原材料の純度は、どの製造プロセスにおいても重要ですが、特に食品やパーソナルケア製品では極めて重要になります。これらのプロセスでは頻繁に、製造ラインまで液体をパイプで運ぶ必要があります。しかし、品質基準を維持するためには、パイプから物理的および化学的残留物を定期的に除去しなければなりません。パイプを洗浄する際は通常、要求される温度範囲で、パイプに水または他の洗浄液をポンプで注入します。ワイヤレス監視装置を使用することで、この温度の精度を向上させ、また、温度が範囲外になった場合には自動的に警告することができます。

課題

パーソナルケア製品やハウスホールドケア製品を製造しているある多国籍メーカーでは、洗浄液の温度をターゲット温度の1℃以内に維持する必要がありました。この要件は、動作環境の温度が20℃から85℃まで変動する可能性があるため、特に達成が困難でした。このメーカーは、パイプ全体で水温が要求範囲内で維持されていることを確実にできないと、パイプが適切に洗浄されていることを保証できませんでした。この要件で一番の問題は、パイプ全体で水の温度を正確に測定する方法を確立することでした。

ソリューション

この問題は、長距離機能を備えたワイヤレスデータロガーや送信機/受信機など、OMEGAが提供するワイヤレス温度監視システムを設置することで解決しました。このシステムでは、一連の温度センサプローブをパイプに沿って設置し、洗浄液の温度をキャプチャして伝送します。例えば、RTDからワイヤレスコネクタへのトランスミッタシステムには、70以上の表面温度センサや、これらのセンサから温度データを受信する48チャンネルのレシーバが含まれます。OMEGAが提供するソフトウェアは、このデータを監視し、リアルタイムで記録します。このソフトウェアは通常、1℃単位の精度を提供しますが、OMEGAは、このお客様固有の要件に合わせて、この精度を0.1℃まで向上させました。

結果

必要な水温範囲を予め設定し、この許容範囲を超えて水温が変動すると、警報器でオペレータに警告できるようになりました。OMEGA製品のソリューションはワイヤレスであるため、温度プローブは、配線を敷設したり、除去したりすることなく、必要に応じて、他のパイプへ容易に移動させることができます。このお客様は、必要な仕様に従ってパイプが洗浄されていることを保証できるようになりました。

関連情報
Wireless Solutions