カート  |  お問い合わせ  | 
フリーダイヤル 0120-971-357
海外からのお問合せ+81-3-5244-4675

ワイヤレスデータロガーの長所と短所

ワイヤレスモニタリングは、家庭や企業ネットワークと同じWi-Fiテクノロジを使用します。それは非常に速いです。 Wi-Fi信号は、リピータやブースタを使用して広範囲にカバーすることができるため、大規模な範囲に設置する場合、理想的なソリューションです。 Wi-Fi信号は簡単に傍受されるため、暗号化設定やファイアウォールなどの適切な防護措置を講じることが重要です。ワイヤレスモニタリングは、ケーブル接続がほとんどまたはまったく必要ないため、既存の設備の有線ソリューションよりも初期投資を少なく出来ます。 Wi-Fiは、モバイルデバイスやVoIP電話システムとともに、デスクトップのPCから機器のPLCまで、多種多様なデバイスに接続できます。

802.11nの無線ネットワークは、複数のアンテナを使用し、最大600Mbpsの伝送速度を持ち、2.4GHzと5GHzの帯域で動作します。

IEEE 802.15.4は、2.4Ghz帯域で動作し、離れた場所や危険な環境など、バッテリ寿命の考慮が重要な条件に最適なもう1つのワイヤレスプロトコルです。 IEEE802.15.4は、低〜中位のボリュームのデータの取得とロギングに適しており、シンプルな接続性という利点があります。

2.4GHz帯は世界中でプライベート利用のためにオープンしており、工業用ソリューションとして人気があります。この規格では、ポイントツーポイント構成とポイントツーマルチポイント構成の両方が可能であるため、それぞれのネットワーク環境のリモート監視ソリューションで効果的です。

IEEE 802.15.4プロトコルから作り直されたZigbeeは、より堅牢なルーティングやネットワーキングなどの追加機能があります。 Zigbeeはデータをポイントツーポイントで中継する場合に理想的ですが、一般的な無線製品では接続できません。Zigbeeメッシュネットワークは、所望のノード(拠点)に到達するまで拠点間でデータを送ります。 


ワイヤレス製品はこちら   


ワイヤレスモニタリングの長所


  • 高速な伝送速度
  • 既存の場所への少ない投資でのインストール
  • フレキシブルな接続
  • ハンドシェイクは、データを再送信する必要がある場合でも正確なデータ送信を保証します
  • 貯蔵タンクのレベル監視のような遠隔地を監視するのに理想的
  • 複数のプロトコルにより、幅広いソリューションが可能になり、広範囲な環境や混雑した環境での使用が可能になります


ワイヤレスモニタリングの短所

  • 様々な干渉を受けやすい
  • 強力なセキュリティ対策が必要


ワイヤレスデータロガー|データモニタリング | 製品技術情報
ワイヤレスデータモニタリング | オメガエンジニアリ... ワイヤレスデータロガーを使った温度遠隔監視... フルーツ農園で使用するワイヤレスデータロガー... 温湿度の遠隔監視 | テクニカルガイド | オメガエンジ... 温湿度ロガーによる室内空気環境モニタリング...