カート  |  お問い合わせ  | 
フリーダイヤル 0120-971-357
海外からのお問合せ+81-3-5244-4675

温湿度の遠隔監視

用途

サーバルームの温度や相対湿度状態を監視することは、この重要なインフラの運用効率を維持する上で欠かせません。温度や湿度が急上昇すると、機器が破損し、想定外のサーバダウンタイムをまねく恐れがあります。

要件

Server Room
サーバルーム
温度や湿度などの環境パラメータは、ミッションクリティカルなサーバルーム環境において、機器の過熱を防止し、機器表面の結露や腐食蓄積を避けるために監視することが必要です。サーバ管理担当者は、リアルタイムで環境データを遠隔確認できる必要があります。また、極度の温度や相対湿度状態が発生した場合、是正措置をとれるようにアラートを受ける必要もあります。

3つの重要課題

データのリアルタイム監視
リアルタイムでサーバルームの環境データにリモートアクセスできるようにするソリューションが必要です。これまでは、円グラフ記録装置を使用してサーバルームの温度や相対湿度を監視していましたが、このような記録装置は、状況の局部的状態しか提供しません。

接続性
サーバルームモニタは、イーサネットネットワークやインターネットに接続でき、カスタムソフトウェアや特殊なプログラミングを必要とせず簡単に設定できなければなりません。

アラーム通知
サーバ管理者は、環境状態が規定範囲外になった場合にアラームを受信する必要があります。

OMEGAのソリューション

Virtual Chart Recorder
バーチャルチャートレコーダ
ウェブブラウザに温度と湿度を表示
OMEGA® iTHXトランスミッタを使用すると、ウェブブラウザ以外に特殊なソフトウェアを使用することなく、イーサネットネットワークまたはインターネット上から、温度、相対湿度、露点を監視して記録することができます。

iTHX-SDはアクティブウェブページとして機能して、リアルタイムで計測値を表示したり、温度と湿度のグラフを表示したり、Excel®やVisual Basic®のようなスプレッドシートやデータ取得プログラムで使用する標準データ形式でデータのログ記録を作成したりすることができます。ウェブページ上の仮想グラフは、リアルタイムでLANまたはインターネットからグラフを記録するJAVA™アプレットです。iTHX-SDを利用すると、データのログを記録またはグラフ化するために、特別なソフトウェアプログラムを収集する時間や費用が不要になります。

賞に輝く技術
iTHX-SDは、簡単に設置して使用でき、OMEGAの賞に輝くiServer技術によって、ウェブブラウザ以外に特別なソフトウェアが不要です。iTHX-SDは、標準RJ45コネクタを使用してイーサネットネットワークに接続し、標準TCP/IPパケットでデータを送信します。ウェブブラウザを使用して、シンプルなメニューで容易に構成設定を行い、パスワードで保護されます。イーサネットLAN内で、あるいはインターネット上で、IPアドレス、または「Cleanroom5」、「ServerRoom」のような覚えやすい名前をウェブブラウザに入力するだけで、iTHX-SDは最新測定値をウェブページに表示できます。

アラームのEメール送信
インターネットに接続したLAN上のすべてのiTHX-SDモデルは、携帯電話やPDAへのテキストメッセージも含めて、世界中のユーザーや配信リストへEメールでアラームを送信できる機能を起動できます。

ウェブカムやIPカメラにリンク
アラーム状況に関するメッセージを受信したら、インターネット上でリアルタイムの画面を直ちに表示できます。OMEGA® iTHX-SDウェブページに移動し、ライブ測定値のボタンをクリックするだけで、お客様の「ウェブカム」または「IPカメラ」に接続したページにアクセスすることができます。

ホワイトペーパー
をダウンロードする
温湿度ロガー