カート  |  お問い合わせ  | 
フリーダイヤル 0120-971-357
海外からのお問合せ+81-3-5244-4675

温湿度ロガーによる室内空気環境モニタリング

あなたが毎日呼吸する周囲空気には、酸素や窒素や二酸化炭素、あなたに害を与えるホルムアルデヒドや一酸化炭素のような化学物質も含まれています。その空気の特徴(温度、湿度、気圧など)は、その空間で働く人間の快適さに影響を与えます。さて、空気が、製造に使用された化学物質を加え、工場のような限定空間にそれらが集中した場合に生じる空気は、適切に管理されない限り、不快且つ汚染されていきます。

摂取する化学物質の健康への影響には、下記のようなリスクがあります:
1.粘膜の炎症または刺激(目、鼻、喉)
2.息切れ - 咳、発作性の喘鳴、胸部の圧迫感
3.既存の健康問題が悪化する
4.心臓病、がん、腎臓および肝臓疾患のリスクが増加する

一般的に成人は職場で発生する微量な一酸化炭素およびホルムアルデヒドを許容することができます。しかし、衣類に付着したこれらの化学物質を、家にいる乳児や子供に持ち帰ってしまう可能性がありますが、 毒性レベルは、摂取する人の質量に対するものです。大人が許容できても、子供はそうでないかもしれません。さらに、ホルムアルデヒドは周囲の空気より密度が高く、子供が呼吸をする高さに沈みます。例えば、床から排出するホルムアルデヒドは、特に子供のための安全衛生上の懸念事項です。

工場の安全を保証する大気モニタリングシステムを実装するには、データの収集、自動化、空気循環のための電気加熱、カスタム設計の製品が必要です。最初のステップは、お客様の環境のリスクを評価することです。

工場空気リスク管理
定期的なリスク管理調査は、現在の状況を定義することから始まります。工場の空気リスク管理では、空気を監視し、現状を定義することによって、リスク管理の評価を開始します。 OSHA、労働者の補償に関する健康調査、HVAC温度モニタ、極限状態に対する安全性の懸念 を満たすために、空気をテストする必要があります。

最初のステップは監視です。そして、データを収集、分析、状況の把握、問題の発見と課題の解決。 最後のステップは、継続的に監視することです。

労働安全衛生管理局(OSHA)
OSHAのミッションは屋内労働条件の整備から始まりました。OSHAのウェブサイトを通じてトレーニングツールを公開しています。彼らの最も有用なサービスの1つはスペイン語の資料であり、特に安全衛生保護具の装着やそれを着用する必要性などの技術データに関するものです。誰もがシステムを理解して、汚染除去に備えていることを理解しましょう。

環境測定製品はこちら 


環境測定器 | 製品技術情報