カート  |  お問い合わせ  | 
フリーダイヤル 0120-040-572
海外からのお問合せ+81-3-5244-4675
CASE STUDY

航空宇宙産業で使用されるワイヤレスデータロガー

高価値資産の保管/輸送時の監視と保護

航空宇宙システムなどの高価値資産は、最終組立地や顧客施設に輸送する間、監視して保護する必要があります。OMEGAは、高価値資産の保護に対する従来ソリューションの限界に焦点を合わせ、ワイヤレスセンサーによる自動データ収集システムを開発しました。継続的かつ先を見越した監視により、精密な資産に損傷が発生する前に予防措置を講じることができ、指定環境からの逸脱による影響を最小限に抑えます。

ワイヤレスの問題

ワイヤレス(無線データロガー)製品はこちら

航空宇宙エンジニアは、コントロール・パネル・アセンブリ、推進剤タンク、及び推進用燃料などの高価値資産を、製造、保管、そして輸送のすべての段階で管理された環境に維持することに心血を注いでいます。 例えば、保管中に過度な湿度や温度にさらされると、精密コンポーネントに取り返しのつかない損傷が発生し、結果として数百万ドルの損害につながることがあります。さらに、未検出の欠陥があれば、動作中に壊滅的な故障が発生する恐れがあります。

資産を監視するための従来方法は、対象物に受動的な温度/湿度モニターを取り付けるものでした。この場合、すべての対象物を定期的に手作業でチェックする必要があり、重労働であると同時にヒューマンエラーを起こしがちです。また、この方法はすでに発生している問題に対応するだけなので、継続的な監視ソリューションとは言えません。産業界が欲しているのは、先を見越した予防的戦略です。

ワイヤレスソリューション

OMEGAは、ZWワイヤレス・モニタリング・システムを開発しました。これにより、ロケットエンジンなど、高価値の航空宇宙資産の保護に欠かせないデータの正確さとセキュリティを提供します。

OMEGAの堅牢なソリューションは、個別のセンサーノードを取り付けることで、定期的に周囲環境をサンプリングし、その情報をレシーバに送信してすべてのサンプリングデータのデータベース一式を保存します。プローブユニットは、現場でのリアルタイムモニタリングに加え、輸送中にワイヤレス通信環境から隔離されても継続的にモニタリングをおこないます。その結果、資産の全ライフサイクルを通じた追跡記録が残ります。

結果

OMEGAのZWシリーズは、データ精度、データセキュリティ、および電源管理など数多くの利点があります。データ損失は、電波損失、レシーバ損失、あるいはイーサネット接続性損失など様々なレベルで発生する可能性があります。通常、これらの故障はすぐに修正できますが、故障時に失われた情報は、数百万ドルの価値がある材料を危険にさらす場合もあります。OMEGA® ZWシリーズ・ワイヤレス・レシーバは、データが正しく受診されたかトランスミッタに確認し、必要に応じて自動再送をおこないます。故障が疑われる各ポイントでデータロギングをおこなうため、システムが復旧すると情報が回復します。さらに、節電機能により、貴重な資産の輸送中にユーザーが温度/湿度センサーを取り外しても、環境データの記録が継続され、連続性が維持されます。

サイバーセキュリティは、すべての産業界で重要な関心事ですが、特に航空宇宙および軍事サプライヤにとっては重大です。環境データそのものは敵対者の関心事ではないかも知れませんが、数量、日付、材料移動に関して推測できる情報は極めて重要です。ZWシリーズは、フル128ビットのSSL暗号化により、あらゆる侵入から資産を保護します。

ワイヤレス製品における電源管理は、特にバッテリー寿命の延長について常に懸念があります。ZWシリーズは、指定しきい値を超える測定データに対応した適応転送レート、さらにバッテリー寿命を最大限にするバースト転送を可能にするローカル・データ・ロギングを採用しています。この電源管理機能は、製品寿命を延ばし、保守を最小限に抑えることでコストも削減します。

無線ロガー | 製品技術情報
航空宇宙産業で使用されるワイヤレスデータロガー... ワイヤレスデータロガーとは | オメガエンジニアリン... 適切な温度伝送器の選択方法 | オメガエンジニアリン... インダストリー4.0 -次世代の産業革命 | オメガエンジ...