カート  |  お問い合わせ  | 
フリーダイヤル 0120-971-357
海外からのお問合せ+81-3-5244-4675

工場の空気監視

環境測定器 生命や健康に対する差し迫った危険(IDLH)
基本的なモニタリングには、IDLH物質が含まれます。このようなこれらの問題に自分は無関係だと考えるかも知れませんが、不幸にして、化学物質は空気中に浮遊しています。漂白剤やアンモニアの蒸気が発生しませんか? 複数の爆発物や毒物が生成されることがあります。プロ仕様で設計・実行されるモニタリングプログラムを通じて、汚染物質を特定・定量してください。浮遊汚染物質は、病気の大きな原因になります。適切なモニタリングは、以下の実現を目標にします:
1. 個人用防護服とフィルタリングシステムの選択
2. 重要な保護エリアの特定
3. 暴露による健康へのリスク評価
4. 医療的モニタリング
5.日の終了時の除染要件

ホルムアルデヒド
ホルムアルデヒドは、発がん性カテゴリ2で、致死的ではありませんが1回の暴露で不可逆的影響があります。以下のような、不可逆的影響があります:
1. 中枢神経系の損傷
2. 腎臓の壊死
3.肝機能障害
4. 貧血
5. 麻痺
2015年、有害物質規制法(TSCA)下のホルムアルデヒド法は、複合木材製品から放出されるホルムアルデヒドの低減規制を拡大しました。このような複合木材製品として、人体組織が何等かの方法で保存される科学研究やその他の専門的職業において使用される床製品などがあります。ホルムアルドヒド測定器は、屋内空気質(IAQ)診断およびHVACシステムの性能検証に理想的な測定装置です。

一酸化炭素
作業員が一酸化炭素を吸引すると、酸素と同様に血流へと移動します。ただし、一酸化炭素はヘモグロビンと結合して、酸素との結合を邪魔します。血液中の酸素量が少ないと、脳、心臓、およびその他の重要器官の酸素量が減ります。症状として、健康な従業員の疲労や錯乱があります。このような症状は、従業員を危険にさらし、迅速な反応を妨げるか、明確な決断を下せなくします。視力、注意力、そして生産性に影響を及ぼします。

一酸化炭素は特に、心臓疾患のある従業員に、さらなる胸痛と狭心症をもたらします。屋内空気質(IAQ)診断とHVACシステム性能検証に利用できる、様々な 一酸化炭素モニタ一酸化炭素データロガーを用意しています。

粒子状物質
埃や粒子も、他の病原菌や刺激源を運びます。空気供給において固体を分離するには、先進的な補足と封じ込めが必要です。フィルタリング要件を決定するために適切なモニタリングを実施することが、最初のステップです。すべての製造、ただし特にハイテク産業において、粒子状物質の管理は品質保証、つまり品質管理問題です。ポータブル粒子カウンタを使用して、空気汚染を測定・報告し、USBインターフェイスケーブルによりデータをパソコンにダウンロードします。

快適性管理
快適さは、生産性を高めます。暑すぎや寒すぎ、低酸素、高湿度の環境では気が散り、さらに悪い場合は眠気を催させます。

近代的ビルは、屋内環境を”正圧”にして、外壁の隙間からカビの胞子が侵入するのを防止しています。圧力を高めると、周囲温度も上昇します。温度管理と気圧管理と間のバランスを、設計としてシステムに組み込む必要があります。バランスが大切です。屋内空気質(IAQ)診断とHVACシステム性能の検証に、多様な測定機器を利用できます。酸素濃度、圧力、気温、および相対湿度を測定してください。

HVAC設計には、先進のエンジニアリングが求められます。その理由は、空気成分と空気流の動力学は相性が悪い場合があるからです。湿度を下げると、温度と圧力に影響を与えます。ビルを正圧に維持することで、屋外の病原菌の侵入を防止します。

空気を冷却すると水分保持量が低下しますが、冷却前に空気が飽和していないと、相対湿度が高くなります。酸素レベルを高くすると同時に、二酸化炭素を排出を抑え、さらに一酸化炭素の排出を回避するか、外部へ導く必要があります。HVACの設計とバランスが重要であり、それはモニタリングに始まり、モニタリングに終わります。


関連情報
環境測定器
測定器 | 製品技術情報
PM2.5の監視/モニタリング | オメガエンジニアリング 工場の空気監視 | テクニカルガイド | オメガエンジニ... 温湿度ロガーによる室内空気環境モニタリング... 風洞試験 (風速計校正)の需要性 | テクニカルガイド...