カート  |  お問い合わせ  | 
フリーダイヤル 0120-971-357
海外からのお問合せ+81-3-5244-4675

ワイヤレスpHセンサの利点


化学サンプルのpH測定は、薬剤、化学品、そして廃水処理試験所において一般的なプロセスです。他の測定プロセス同様、サンプルpH測定のモニタリングと管理には、可能な限り正確で使いやすく、パワフルなデバイスが求められます。お使いのスマートフォンやタブレットに接続できる、あるいは用途に直接使用できるモバイルデバイス以上に簡単な装置があるでしょうか? データロギング、データシェアリング、そして際立つ性能が、このパッケージの特徴です。お使いのpH用途に、ポータブルデータ収集システムを組み込む用意ができているなら、絶対に必要な以下の3つの特徴をチェックリストに入れてください。

1. アプリケーションと複数のpHセンサとの接続性



複数のpHセンサを1台のモバイルデバイスに接続できれば、別々のpHメータを使用してプロセス計測と試験データ収集をおこなうよりも、効率的なプロセスモニタリングが可能です。パワフルなトランスミッタは、1台のデバイスに、最大4台のトランスミッタとpHプローブを接続できるので、作業の簡素化と最適化を実現できます。



2. BNCコネクタとpHセンサの互換性



フロントエンド電子製品は、BNC接続により、高インピーダンスpHプローブからpH入力を受信できる設計が必要です。この仕様は、1つの用途で、複数の化学溶液からpHをサンプリングする場合に非常に有用です。上の写真では、各溶液に対して異なるタイプのpHプローブを使用しています。プローブは、長さ、液界のタイプ、および電解質のタイプに応じて異なり、測定する化学品のタイプに合った種類があります。プローブが明らかに破損または劣化している場合、技術者はトランスミッタからBNCコネクタを外し、代わりに新しいpHプローブを使用できます。



3. 多様な読取り方法



プロセスとその仕様により、データを、グラフまたは目盛りのいずれで読み出すのが良いかは異なります。ワイヤレスpHトランスミッタは、対応する溶液温度とともに、pH測定値をグラフ、デジタル、またはアナログ目盛りのいずれかで表示するか選択できます。プローブが温度センサを備える場合、プローブから温度を読み取ることができます。それ以外の場合、用途で定められた溶液温度として入力されます。




関連情報
ph