カート  |  お問い合わせ  | 
フリーダイヤル 0120-971-357
海外からのお問合せ+81-3-5244-4675
詳細を見る 温度
極細熱電対とは

7/2/2019


極細熱電対とは
極細熱電対とは 小型熱電対による温度測定に注目します。ナノスケールの利用を必要とするエンジニアはごく少数ですが、その成果は、多くの分野に適用できます。

詳細を見る 熱電対素線

MIケーブル(シース熱電対)とは

10/9/2018


MIケーブル(シース熱電対)とは
MIケーブル(シース熱電対)とは MIケーブル(シース熱電対)は、高温の操作時でも可燃性が低いため、高温または過酷な環境条件で使用される特殊なタイプのケーブルです。耐食性があり、正確な計測が可能です。

詳細を見る MIケーブル,シース熱電対

過酷な環境下での12 種類の<br>シース熱電対プローブ比較試験

7/16/2018


過酷な環境下での12 種類の
シース熱電対プローブ比較試験

過酷な環境下での12 種類の<br>シース熱電対プローブ比較試験 当社のプローブの精度と耐久性を、競合する他社製品と性能比較をするため、シース熱電対(MIケーブル)を使用して作られた様々なプローブでサイクルテストを実施しました

詳細を見る シース熱電対(MIケーブル)性能比較

温度センサと出力信号

3/27/2018


温度センサと出力信号
温度センサと出力信号 出力が非線形の温度センサでは、線形化と誤差補償のために信号を調整する必要があります。さらに、熱電対とRTDの低ミリボルト出力は増幅によって補償する必要があります。また、信号の精度は伝送にも依存します。

詳細を見る 熱電対 | サーミスタ | RTD | 赤外線温度センサ

光ファイバ温度センサとは

3/26/2018


光ファイバ温度センサとは
光ファイバ温度センサとは 光ファイバプローブは、温度測定装置の1つです。ここでは、ある製品が動作する原理を紹介します。

詳細を見る 光ファイバ温度センサ

MIケーブル(シース熱電対)の原理

1/16/2018


MIケーブル(シース熱電対)の原理
MIケーブル(シース熱電対)の原理 MIケーブルが高温、高圧などの過酷な環境で使われている理由はここにあります:

詳細を見る MIケーブル(シース熱電対)

適切な温度伝送器の選択方法

10/13/2017


適切な温度伝送器の選択方法
適切な温度伝送器の選択方法 温度伝送器 (トランスミッタ) を使用することの利点と、利用可能なオプションについて考察します。

詳細を見る 温度伝送器

航空宇宙産業で用いられる熱電対

9/29/2017


航空宇宙産業で用いられる熱電対
航空宇宙産業で用いられる熱電対 大型シノプティック・サーベイ望遠鏡(LSST)は新しい種類の光学望遠鏡で、今までは不可能だった広い範囲で夜空を見ることができます。運用が開始された際のその役割は、地球に衝突する恐れのある物体の探索と、従来の望遠鏡では捉えることのできなかった短時間の宇宙事象の検出です。

詳細を見る 熱電対

カスタム/市販センサを選択する際に考慮すべき3つの要素

8/1/2017


カスタム/市販センサを選択する際に考慮すべき3つの要素
カスタム/市販センサを選択する際に考慮すべき3つの要素 航空宇宙メーカーおよびエンジニアは、自らの用途に最適化されたセンサを得るだけでなく、高コストのリソースを節約して、それを最も必要としている新たな航空宇宙製品やプロセスの革新に回すことができます。

詳細を見る エアロスペースセンサ

熱電対と測温抵抗体の振動損傷の防止

7/26/2017


熱電対と測温抵抗体の振動損傷の防止
熱電対と測温抵抗体の振動損傷の防止 振動は、熱電対およびRTDのワイヤに機械的応力を与えます。熱電対は振動疲労を起こし、絶縁不良や短絡につながります。接合点でなく短絡部で取得した測定結果の値が間欠的に高くなるので、このことが分かります。

詳細を見る 測温抵抗体

航空宇宙産業で使用される測温抵抗体

7/10/2017


航空宇宙産業で使用される測温抵抗体
航空宇宙産業で使用される測温抵抗体 打上げロケット、ペイロード、支援システムの中枢神経となるのがセンサやアクセサリです。準備段階や飛行中にロケットのリアルタイム・モニタリングや制御を行い、コンピュータやコントローラに重要な情報を供給します。推進系、主要搭載電子装置、製造、試験、研究開発などがセンサの主な用途です。

詳細を見る 測温抵抗体

サーモウェル (保護管) とは?

7/4/2017


サーモウェル (保護管) とは?
サーモウェル (保護管) とは? サーモウェルは熱電対、サーミスタ、バイメタル温度計などの温度センサーを過剰な圧力、材料速度、腐食に起因する損傷から保護するためのものです。

詳細を見る サーモウェル

熱電対を使った炉の温度測定

4/7/2017


熱電対を使った炉の温度測定
熱電対を使った炉の温度測定 炉内の温度測定には、いくつかの課題が存在します。多くの測定機器の限度を超える高温、温度循環、過酷な雰囲気などと同時に、機器の寿命を大幅に短縮し精度を低下させるということもあります。

詳細を見る 熱電対

赤外線放射温度計の原理と応用

2/9/2017


赤外線放射温度計の原理と応用
赤外線放射温度計の原理と応用 非接触式温度測定用の赤外線放射温度計は、高度に開発されたセンサであり、産業プロセスおよび研究分野で広範囲に応用されています。本書では、数式を使用せずに測定技術の基礎となる理論を解説し、この理論を使用して、利用者が設定しなければならない多様なアプリケーションパラメータが決定される過程を説明します。

詳細を見る 赤外線放射温度計

温度校正をする目的

12/9/2016


温度校正をする目的
温度校正をする目的 製造および温度記録分野で採用される温度センサの校正について、校正が必要な理由や頻度などを検討します。校正機器の選択肢やAS17025認定を受けた校正サービス業者を使用する是非についても検討します。

詳細を見る 温度校正器

熱電対と電磁環境

12/1/2016


熱電対と電磁環境
熱電対と電磁環境 温度の測定記録の最も簡単な方法は熱電対を使用することです。熱電対の性能は、ほとんどの環境で信頼性が高く、高温や低温、振動、さらに電離放射線に対する耐性もあります。ただし、電磁場の影響を受けやすいため、そのような場所では全く使用しないようにするか、注意して使用します

詳細を見る 熱電対

温度伝送器のスケーリング方法

6/3/2016


温度伝送器のスケーリング方法
温度伝送器のスケーリング方法 温度伝送器 (温度トランスミッタ) は、熱電対やRTDなどの温度センサから、信号を測定または制御デバイスに送信するために使用します。

詳細を見る 温度伝送器

温度センサの歴史

11/5/2015


温度センサの歴史
温度センサの歴史 1821年、トーマス・ヨハン・ゼーベックは、異なる金属の末端を接合し、異なる温度にさらすと電圧が生じることを発見しました。ペルチェは、この熱電対効果が可逆的であること、そして冷却に利用できることを発見しました。

詳細を見る 温度センサの歴史