カート  |  お問い合わせ  | 
フリーダイヤル 0120-040-572
海外からのお問合せ+81-3-5244-4675

通信規格 RS232とは

印刷をご希望の場合はこちらよりダウンロードしてください

データ処理装置と周辺装置間のデジタル通信は、シリアルモードまたはパラレルモードの伝送方式で行われます。パラレルモードは主に検査装置やコンピュータとプリンタ間の通信に使われ、シリアルモードはコンピュータと他の周辺装置間で多く使われます。シリアル伝送は1本の通信線で一度に1ビットずつデータを送ります。他方、パラレル伝送は、少なくとも送られるワードのビット数と同じ数の線(8ビットのワードであれば最低8本) が必要です。シリアル伝送は長距離通信に有利で、パラレル伝送は短距離通信・高速通信用に設計されています。 

規格

シリアル方式の優位点は電話線での通信が可能という点です。シリアルデジタルデータはモデムで音声データに変換され、普通の音声グレードの電話線に乗せて送られ、受信側のモデムでシリアルデジタルデータに戻されます。公式にはRS232は「シリアル2進化データ交換を使ったデータ端末装置(DTE) とデータ通信装置(DCE)間のインターフェース」と定義されています。この定義ではDTEをコンピュータ、DCEをモデムと定義しています。モデムケーブルはピンツーピン接続になっており、DTEとDCEをつ なぐ設計になっています。

インターフェース

コンピュータ装置間の通信に加えて、RS232はデータ取り込み装置とコンピュータシステム間の接続にも幅広く使われています。RS232の定義にあるようにコンピュータはデータ通信装置(DTE)です。しかし、多くのインターフェース製品がデータ通信装置(DCE)ではありません。この状況に対応するためにヌルモデムケーブルが作られました。モデムケーブルのピンツーピン接続ではなく、ヌルモデムケーブルはDTE 装置同士が通信できるように内部の配線接続が異なっています。

ケーブル接続のオプション

RS232 ケーブルには4, 9, 25 ピンがあります。25ピンケーブルは全てのピンを接続しますが、9ピンケーブルには使用頻度の少ないピンは入っていません。4ピンケーブルは最低限の接続で、ハンドシェークが必要なデバイスにはジャンパがついています。ジャンパーはピン4, 5, 8 それに6, 20 を接続しています。
RS232 通信にとって、IBM PC AT の出現は新しい発想でした。標準の25 ピンコネクタの替わりに、コンピュータに新規の拡張ボードとして9 ピンのシリアルポー トを設けたのです。このポートを標準25ピンポートに接続するためには、アダプタケーブルを使ってもよく、目的に合わせてケーブルを自作することもできます。

ケーブルの選定

RS232 ケーブルの選定時には、接続するデバイスに気を付けなければなりません。2つのDTEデバイスを接続するのか (ヌルモデムケーブル使用)、DTEデバイスをDCE デバイスに接続するのかです (モデムケーブル使用)。次に、コネクタの型式はオスかメスか、25ピンか9ピン (ATスタイル) かです。2つのデバイスを入手した後に、必要なケーブルを決めるよのがいいでしょう。

RS232規格

送信信号電圧

2 進0: +5~+15Vdc (「スペース」または「オン」と呼ばれる)
2 進1: -5~-15Vdc (「マーク」または「オフ」と呼ばれる)

受信信号電圧

2 進0: +3~+13Vdc
2 進1: -3~-13Vdc

データフォーマット

スタートビット: 2 進0
データ: 5, 6, 7, 8ビット
パリティ: 奇数、偶数、マーク、スペース (8 ビットデータでは使わない)
ストップビット: 2進1、1 または2ビット

RS232
通信の例
RS232
ピンアサインメント 25ピンスタイル
RS232 | 製品技術情報
適切な温度伝送器の選択方法 | オメガエンジニアリン... データロガーの選定 | オメガエンジニアリング