カート  |  お問い合わせ  | 
フリーダイヤル 0120-971-357
海外からのお問合せ+81-3-5244-4675

ステートロガー、イベントロガー、パルスデータロガーの違い

データロガーは、断続的に状態の変化を監視して記録する手段です。それらは、単体、独立型ユニット、または複数のチャネルで構成することができます。ほとんどのスタンドアロンユニットはバッテリ駆動であるため、移動中や長時間にわたって記録することができます。データロガーには、以下を含むさまざまな入力信号を検出できるセンサーが装備されています:

  • AC/DC電圧 / 電流
  • 衝撃
  • 周波数
  • 圧力
  • 温度
  • 相対湿度
  • 負荷・積載量
通常、現代のモデルは、分析のためのデータをダウンロードするためにコンピュータと接続が可能です。 最適化されたソフトウェアは、データ構成や表示を簡単にし、エクスポート機能や印刷機能を提供します。

医薬品や食品加工などの業界では、データの監視や保存が不可欠です。データロガーは、保管および輸送施設の温度および湿度を確認するために使用されます。また、省エネルギーを支援するための暖房、換気、空調に関する建物のメンテナンス情報も提供しています。他にも、農業産業では、データロガーを土壌に埋めて成長状況を監視するためやIT分野ではサーバールームで温度が許容範囲を超えると、電子メールを送信するようにプログラムして使用することができます。

特定の機能を実行するように設計された様々なタイプのデータロガーがありますが、データロガーを選定する際には、それらの動作原理を理解することが非常に重要です。例えば、ステート、イベント、およびパルスデータロガーは、同じ様なタスクを実行できますが、動作が著しく異なります。

ステートロガー

StateTimeType
110:15:00Open
210:15:03Close
311:22:02Open
411:22:07Close
ステートデータのロギングは、イベントの継続時間を監視および記録するために使用されます。これらのデバイスは連続的に監視し、状態の変化が発生する時刻を記録します。たとえば、トラフィックを記録するために使用される扉の開閉のデータロガーは、図1に示すデータポイントを収集します。最初の状態変更では、扉が午前10:15:00に開いた時刻と閉じた時刻が記録されます10:15:03 am。この情報から、オペレータは、扉が3秒間開いていると判断することができます。同様に、2つ目のイベントは、扉が開けられた時間は、午前11時22分02秒に、閉じた時間は午前11時22分07秒に記録される。扉が開いていた時間は、5秒として計算することができます。

ステートのデータロガーは、エネルギー効率の調査のためのデータを収集するために多くの業界で使用されています。これらは、HVAC(暖房、換気、および空調)システムおよび電気ポンプのON/OFFサイクルを監視するためによく使用されます。セキュリティシステム等にも、ステートデータロギングデバイスも組み込まれています。

コンパクトタイプの OM-CP-STATE101A データロガーは、イベントを検出して記録します。リアルタイムの時計の日付は、各イベントにタイムスタンプを付けます。このデバイスはバッテリで駆動し、不揮発性ソリッドステートメモリを搭載しているため、ユニットの電源が切れても情報を保持します。ユーザーフレンドリーなソフトウェアは、データ分析の作業を簡素化しサポートします。
OM-CP-STATE101A data logger
OM-CP-STATE101A

イベントロガー

EventTime
19:15:01
29:32:00
310:12:25
イベントデータのロギングデバイスは、イベントが発生した時間を検出して記録しますが、継続時間は記録しません。図2は、扉の開閉をイベントデータロガーによって記録したデータです。データは、扉が午前9:15:01の午前9時32分、午前10時12分25秒に開いたことを示しています。このロギングデバイスは、扉が開けられた回数を監視するのに役立ちます。毎秒データポイントを記録することができ、イベント発生時の信号を記録するので、一定間隔の信号の送受信を必要としません。

イベントデータロガーは、多くの場合、電気機器が動作する動作時間を記録するために使用されます。製造業者は、イベントデータロギングデバイスを使用してコンベアおよび冷凍ユニットのオン/オフを監視などに使用します。また、転倒マス雨量計などの他のデバイスとのインターフェースも備えています。

データロガーは、イベントの初期データポイントを検出して記録します。このデバイスはバッテリ駆動であり、小型であるため、現場でのモニタリングに最適です。データは、表形式またはグラフ形式でコンピュータにダウンロードできます。OM-CP-EVENT101Aはメモリラップアラウンド(記録メモリの最後まできたら、最初のデータをから上書き)と最大18ヶ月まで設定可能な遅延スタートモードを備えています。
OM-CP-EVENT101A data logger
OM-CP-EVENT101A

パルスロガー

パルスデータのロギングデバイスは、特定の時間内に発生するパルス(信号)数を報告します。パルスは、通常、タイムスタンプされず、発生した時間に基づいてデータセットに収集されます。

パルスデータロガーは、パルスが非常に急速に発生してイベントまたは状態データロガーによって検出されるアプリケーションで最もよく使用されます。これらは一般に、流量計や風速センサーなどの回転カウンタによって生成される信号を測定するために使用されます。

OM-CP-PULSE101Aデータロガーは、ドライ接点信号(無電圧接点) と直流電圧信号を検出します。デバイスは、測定単位、スケーリング値、およびオフセット値の定義された単位を格納できます。 OM-CP-PULSE101Aはすべてのデータにタイムスタンプを付け、パスワード保護機能を提供します。そのソリッドステートメモリにより、バッテリがなくなってもデータが保護されます。

ステート、イベント、パルスデータロガーは、研究者、技術者、および業界の専門家向けにさまざまな監視ソリューションを提供します。これらのデバイスは可搬性があり、フィールドアプリケーションに柔軟性を提供します。さらに、紙チャートよりもはるかに経済的なデータ収集手段を提供します。
OM-CP-PULSE101A data logger
OM-CP-PULSE101A

関連情報
Data Loggers