カート  |  お問い合わせ  | 
フリーダイヤル0120-040-572
海外からのお問合せ+81-3-5244-4675

圧力センサ(変換器)やロードセルのカスタマイズを最適化する5つの方法

圧力センサ(変換器)|ロードセル 圧力センサ(変換器)とロードセルは、航空宇宙、鉱業、製造、技術などの幅広い業界の製品やプロセスの安全性、信頼性、正確性を確保する上で重要な役割を果たします。圧力センサ(変換器)とロードセルは厳しいテスト環境で提供する必要があるため、信頼性、再現性、高精度の要求があるため、システムメーカーはアプリケーションの要件を満たすロードセルと圧力センサ(変換器)を使用することが不可欠です。

要件に適した圧力センサ(変換器)またはロードセルを見つけるには、まず標準化されたオプションを調べます。ほとんどの測定および制御アプリケーションでは、既製の製品が要件に適合します。しかし、場合によっては、標準化された圧力センサ(変換器)やロードセルを簡単にカスタマイズすることで、よりフィット感が向上し、時間を節約し、プロセス性能を向上させることができます。

カスタマイズ製品それとも標準既製品

カスタマイズするのか既製品を使用するのかを正しく判断するには、まず以下の重要なポイントを検討してみてください:
  • アプリケーションに適合する既製品はありますか?
    ほとんどの場合、測定要件に適した製品を簡単に探す事ができます。しかし、極端な圧力や勢力が関与している場合や、どの製品が要件を最も満たしているかが明確でない場合は、オプションを検討するときが来ます。センシングと制御の専門知識を追加することで、あなたが気づいていなかった製品にあなたを導き、カスタマイズが最良の解決策であるかを確認できます。
  • アプリケーションに合わせてどのようなカスタマイズを行う必要がありますか?
    アプリケーションに適合する標準化された圧力トランスデューサやロードセルがないと判断した場合は、そのニーズに最も近い既製品と、その製品にどのような変更を加える必要があるかを判断します。既製品と仕様に最も近いものを決定することが重要です。これにより、必要なカスタマイズの量が削減され、費用を節約し、完成までの時間をスピードアップします。
    Load Cell Design
    お客様の仕様にカスタマイズされたロードセル
    ミニロードピンシャフト径を0.375に縮小し0.5%FS 改善(標準仕様 2%).
  • プロジェクトの大きさや複雑性への投資の費用対効果は見合っていますか?
    カスタマイズされたソリューションは理想的な選択肢かもしれませんが、それでもあなたのビジネスと予算の目標をすべて満たすための最良の選択肢ではないかもしれません。 例えば、圧力センサ(変換器)の圧力ポートは、圧力センサ(変換器)が一体化されるシステムへの圧密接続を可能にするために設けられた機械的接続部ですが、システムの開発中に、使用可能な標準圧力ポートが使用されている機器と互換性がない場合があります。 このような時は、投資収益率(ROI)を計算することが重要です。カスタム圧力ポート付きの圧力センサ(変換器)が1つだけ必要で、既製品にアダプタ取り付けて動作することができる場合は、カスタマイズまでの時間と予算のコストが変更を加えることで得られる追加の利便性を上回るかどうかで判断することができます。 しかしながら、数十から数百の圧力センサ(変換器)やロードセルを使用する大規模なプロジェクトや、変更以外の解決策がない複雑なプロジェクトの場合、カスタマイズでの解決策は、最も費用対効果が高く、必要な要件を満たす最速のソリューションを提供します。

カスタマイズを最適化するためのベストプラクティス

既製品に対する簡単な変更をアプリケーションに最適な投資と判断したら、いよいよカスタマイズを実行に移すときです。

このカスタマイズのプロセスをよりスムーズに進めるための5つのベストプラクティスをご紹介します。
  1. 柔軟性とカスタマイズ対応力が最優先
    すべてのサプライヤが製品をカスタマイズするための柔軟性や自社エンジニアリング能力を持つわけではありません。ベストプラクティスとして、独自のコンポーネントの大部分を占め、サプライチェーンを管理し、製品の知的財産を所有し、独自のエンジニアリングスタッフが手元にあり、必要に応じてカスタマイズされた製品の設計と開発を支援するサプライヤを選択します。
  2. 正しい仕様を決定する
    カスタマイズされた製品がアプリケーションのニーズを満たすためには、アプリケーションで達成しようとしていることを定義することが重要です。 ここでもまた、測定または制御する内容と抱えている課題を正確に把握することで、既製品を最小限のカスタマイズで最も効果的に機能するかどうかを確認するのに役立ちます。 場合によっては、必要なアプリケーションおよびカスタム仕様をよりよく理解するために現場での打ち合わせが必要な場合があります。 もう1つのベストプラクティスは、圧力製品の導入の経験を持ち、要件を容易に理解できるセールスチームと直接協力することです。 セールスチームはカスタマイズ可能な適切な既製品を迅速に特定し、お客様とエンジニアリングチームとの間を橋渡しします。
  3. 設計図の製図
    カスタマイズされた圧力トランスデューサまたはロードセルの仕様が定義されると、設計図は提案された変更に対処し、正式化します。これらの図面は、お客様の設計部門によって承認されます。 変更の複雑さに応じて、このプロセスはサプライヤのエンジニアとお客様の設計部門のエンジニアの間で直接行われることがあります。 また、変更の複雑さに応じて、このプロセスに多くの時間を要する可能性があります。
    LCM202 Drawing
    OMEGAの標準的なLCM202の設計図で、顧客の用途に特別な寸法が必要、 顧客のデータ収集システムとインターフェースするための9ピン接続に変更
  4. プロトタイプテスト
    最終的なエンジニアリング設計が承認されたら、改良された製品のプロトタイプを開発することがベストプラクティスです。これにより、アプリケーション環境でプロトタイプをテストできます。テストデータが分析された後、本格的な生産を開始することができ、プロトタイプが期待どおりに機能していることが確認されます。
    Load Cell Prototype
    プロトタイプ:水中用にカスタマイズ
  5. 生産開始と製品の可用性を確保する
    製品の製造および納期は、必要なユニット数と変更の複雑さによって異なります。 ここでもまた、自社でカスタマイズ製品を製造する能力と機械を有するサプライヤは、より早い納期で提供することができます。 カスタマイズの追加の利点は、カスタマイズされた製品に固有の部品番号を付けることができることです。他の顧客は部品を注文できませんし、その製品はオンデマンドでいつでも注文できるようになります。

結論

要件に合う既製品を探すことは、常にアプリケーションの圧力や力を測定する方法に近づくときに行うべき最善の、最初のステップです。しかし、既製品がお客様のニーズを満たすことができない場合、簡単なカスタマイズにより、製品化までの時間が大幅に短縮され、プロセスのパフォーマンスが向上し、コストも削減されます。 オメガでは、既製品を使用したソリューションであろうとカスタムソリューションであろうと、顧客を常に優先させています。 私たちは、すべての測定と制御のニーズを満たす社内の能力と専門知識を持っています。

もし、測定で問題を抱えているなら、オメガエンジニアリングにご連絡ください。そして私たちが提供するソリューションをご覧ください。

お問い合わせ