カート  |  お問い合わせ  | 
フリーダイヤル 0120-040-572
海外からのお問合せ+81-3-5244-4675
CASE STUDY

圧力センサ (変換器)で蛇の圧力測定

圧力測定の課題

アミメニシキヘビは世界最大のヘビの1つで、長さは平均10〜20フィート(約3~6m)です。この待ち伏せハンターは、典型的には鶏、アヒル、ネズミ、家畜、犬、豚を狩り、それらを締め殺しますが、人間への攻撃の事例も知られています。 最近、インドネシアの現場作業員にこのよう事件が発生し、映画製作会社は、蛇が絞め殺している時にどれくらいの圧力を加えているのか、興味をもちました。そして彼らはその答えをライブで撮影したかったのです。

その助けを得るために、彼らは、ペンシルバニア州のディキンソン・カレッジの生物学の准教授で、爬虫両生類学を専攻しているスコット・ボバック博士に目を向けました。 「このようなフィールドテストを行うのは14歳の少年の夢かもしれないが、私にとっては、ヘビが獲物を拘束して殺す方法はサイエンスの魅力的な疑問でもあります」。 とボバック博士は言っています。

いままでに彼はアミニシキヘビでこのようなテストを行ってはいないが、ボバック博士と彼のパートナーであるチャールズ・ツウィーマー博士(ディキンソン・カレッジの生物学の准教授)は、 研究室でボアコンストリクターによる同様の実験を行ったことがありました。 トリックは、このようなテストを実際に行う方法を考え出すことです。 「どれくらいの力が加えられたかを測定するときには、使用する理想的なものの1つは、油圧システムのような液体で行う方法です。」とボバック博士は言っています。 しかし、彼の研究室の設備は大きすぎて嵩張っていたので、軽量の装置で油圧システムを再現する別の方法が必要でした。

USB型圧力センサ (変換器)の提案

ボバック博士は、「私はいくつかの企業に電話をかけましたが、測定と制御技術の世界的リーダーであるオメガに連絡するまで、良い解決策はありませんでした。 彼らは私の技術者と直接連絡を取りました。とボバック博士は言います。 私は彼らに問題点を伝えると、「これがあなたが必要なものです。」と彼らは言いました。

エンジニアの提案により、USB接続の圧力センサ (圧力変換器) 、ラップトップパソコン、いくつかの高圧チューブ、及び水で満たされた小型トラクタのタイヤチューブを使用して、 ディッキンソンチームは閉回路の油圧システムを作成することができました。

このテストを行うために、ボバック博士とツウィーマー博士はボストンのICON映画製作会社のチームと出会い 、ソフィアと名付けられた23フィート(約7m)の長さのメスのアミメニシキヘビのいるニューイングランドの爬虫類流通会社に向かいました。

蛇の襲撃の機会をえるために、チームは死んだ豚を餌として使いました。 蛇が豚の周りをコイル状にを巻いたとき、ボバック博士は豚の胸の中に挿入した、水で満たされたタイヤチューブの圧力を測定しました。

圧力センサ (変換器)を使用した成果

計測された圧力は、そのヘビは絞めつけ時に300mmHgの圧力を生成、または1平方インチ当たり6ポンド(psi)弱の圧力でした。 「ヘビは獲物が息をしなくなるまで絞るという神話がありますが、それは正確ではありません」とボバック博士は言います。 「300mmHgはあまり大きい数値ではないかもしれませんが、生きている動物には内部への大きなダメージを急速に受けます。」

これらの結果は、アミメニシキヘビがどれくらいの致命的な力を持っているかというアイディアを提供していますが、ボバック博士はもっと強くなる可能性があると考えています。 今回は完璧なシナリオではありませんでした。 「ヘビが豚の周りを包んだとき、ヘビのループはタイヤチューブに完全には触れていませんでした - ヘビ包んだタイヤチューブは部分的に外れていました」 さらに、部屋の中の撮影スタッフや音響技術者やヘビハンドラー、プロデューサーがいる環境ではヘビは通常の生息地にいるより、気を散らされたり不安を感じていたかもしれません。

すぐに再実験をする計画はありませんが、ヘビのソフィアはテストの結果よりも強力だという直感が残ります。 しかし、別の試験で、ボバック博士が小さいニシキヘビやボアコンストリクターで実施したときに、同様かそれ以上の圧力を値を計測しました。 私たちは、まだ大きなアミメニシキヘビの強さを知りえていないかもしれないと結論を導いています。