0120-040-572 (フリーダイヤル)   |  +81-(0)3-5620-1880 (海外からのお問合せ) 

シグナルコンディショナー入門

シグナルコンディショナーとは、ある種の電子信号を別の種類の信号に変換する装置です。その主な用途は、従来の計器では読み取りが難しい可能性のある信号をより簡単に読み取れる形式に変換することです。この変換を行う際には、さまざまな機能が実行される可能性があります。それらには次の機能が含まれます。

  • 増幅
    信号が増幅されると、信号の全体的な大きさが増加します。増幅の例としては、0~10mV信号の0~10V信号への変換が挙げられます。

  • 電気的絶縁
    電気的絶縁は、入力信号と出力信号との間の流電経路を遮断します。つまり、入力と出力との間の物理的な配線がなくなります。入力は通常、光学信号または磁気信号に変換することで出力に転送され、出力時に再構成されます。入力と出力との間の流電経路を遮断することで、入力ライン上の不要な信号が出力まで通り抜けることを防止できます。地面よりも遙かに高い電位で表面に対して測定を行う必要がある場合、絶縁が必要です。絶縁は、接地ループを防止するのにも使用されます。

  • リニア化
    非リニア入力信号をリニア出力信号に変換します。これは、熱電対信号に関しては一般的に行われます。

  • 冷接点補償
    熱電対に使用されます。熱電対の信号は、室温の変動に対して調整されます。

  • 励振
    多くのセンサーは、動作するために何らかの形態の励振が必要です。ひずみゲージとRTDは、その2つの一般的な例です。
 シグナルコンディショナーの種類
DRGシリーズDINレールマウントシグナルコンディショナー DINレールマウント
名前が示すように、DINレールマウントシグナルコンディショナーは、DINレールブラケットに取り付けられます。DINレールシグナルコンディショナーは、少数または多数のシグナルコンディショナーに頑丈な取り付け形態を提供するので、工業用途では非常に人気があります。

OM7シリーズバックプレーンマウントシグナルコンディショナー バックプレーンマウントシグナルコンディショナー
特定のシグナルコンディショナーは、共通バックプレーンに取り付けることもできます。バックプレーンのスタイルは、単一の共通コネクタを介してアクセス可能なすべての出力信号の利点を提供します。バックプレーンスタイルのシグナルコンディショナーは、単一のケーブルで複数のシグナルコンディショナーをデータ取得装置に接続できるので、多くの場合、データ取得システムと共に使用されます。
D1000デジタルシグナルコンディショナー デジタルシグナルコンディショナー
デジタルシグナルコンディショナーは、シグナルコンディショナーにおける最新の進歩を表す一例です。デジタルシグナルコンディショナーの出力は、RS232、RS485、さらにはイーサネットなどのデジタル形式に変換されます。デジタル信号には、アナログ信号と比較していくつかの利点があります。デジタル信号は、電気的ノイズに対する高度な耐性を実現します。さらには、拡張された伝送距離をサポートし、簡単にコンピュータに接続することができます。イーサネット出力により、設定次第では、入力信号をネットワーク全体またはインターネット上で読み取ることができます。



MMV | 78 | 032